あなたがいた季節

米倉千尋

作詞

朝倉京子

作曲

夢野真音

編曲

亀田誠治

歌詞

冷たい雨に 煙るグランド
あの日のあなたが 駆け抜けてゆく
泥んこのゴール きめた横顔
誰より 好きだったわ

卒業しても あなたとずっと
歩いてゆけると 思っていたの
たとえ季節が いくつ過ぎても
変わらずいられると

待ち合わせた 古い図書館
木洩れ陽に 隠れるように
初めてキスした あの夏

どれくらい 同じ季節を
ふたり 過ごしたかしら
あなたしか 見えなかったの
いつでも どんなときも

今も 心の中に
眩しい あなたがいる

栞がわりの あなたの写真
テレると笑顔が 幼くなるの
つたないだけの あの日のダイアリー
あなたがいた季節

ひと雨ごと 夏が来るたび
少しずつ 遠くなる日々
いつか 忘れてしまうかしら

もう二度と 戻れないけど
想い出は そばにある
ときどきは思い出してね
ふたり過ごした季節

夢中で 走り抜けた
季節が 瞳閉じる

もう二度と 戻れないけど
想い出は そばにある
あなたしか 見えなかったの
いつでも どんなときも

今も 心の中に
眩しい あなたがいる

眩しい あなたがいる

音楽出版

日音

ジャンル

J-POP

発表年月日

収録作品

音楽配信

関連記事

「学校卒業後別れてしまった彼の事を、夏がめぐる度に想い出す」という胸がキュンとなるほどのせつないバラードです。ロックバンドが歌うバラードをイメージしながらレコーディングした曲です。

Chihiro Yonekura DJ Special