濱のメリー

米倉千尋

作詞

米倉千尋

作曲

米倉千尋

編曲

aqua.t

歌詞

イセザキモールが 賑わう夕暮れ時
八つのあたしは あなたを見ました
ポシェット弾ませ 通った大通りで
人形みたいな あなたを見ました

か細い肩に降り降り積もった
時代と愛の日々 誰も知らない

気高き白薔薇よ 濱に咲くのさメリー
ドレスを引きずって 今日も街角に立つ
麗しき白薔薇よ 今日も立っているの?
かじかむ潮風 カラダ預けて

馬車道 灯りがポツリと燈る頃
小さな背中は 人ごみに消えた

十八になり 移ろう景色の中
変わらない潮風 あなたの姿

哀しき白薔薇よ 朝に散るのさメリー
真っ白に着飾って 今日も街角に立つ
名も無き白薔薇よ 誰を待っているの?
通り過ぎた時代(ひと) 想い出に眠る

気高き白薔薇よ 濱に咲くのさメリー
ドレスを引きずって 今日も街角に立つ
麗しき白薔薇よ 今日も立っているの?
―港の儚き夢―nobody knows

哀しき白薔薇よ 朝に散るのさメリー
真っ白に着飾って 今日も街角に立つ
名も無き白薔薇よ 誰を待っているの?
通り過ぎた時代(ひと) 想い出に眠る

音楽出版

セブンシーズミュージック

ジャンル

J-POP

発表年月日

収録作品

レコーディング参加

  • Drums: 河村 徹
  • E.Bass: 種田 健
  • A.&E.Guitar: 知野芳彦
  • All Keyboards: 高山和芽
  • Sound Architect: 田久保誓一
  • Chorus: 米倉千尋

歌唱ライブ・イベント

音楽配信

カラオケ配信

歌詞掲載サイト

関連記事

新たにスカを取り入たナンバー。私が子供の頃、実際横浜で見て衝撃的な存在だった元娼婦の女性『メリーさん』のことをいつか歌いたい…。彼女が輝いていた時代-昭和-の音(昭和歌謡)とロックを融合してみました。

"jam" セルフライナーノーツ(Chihiro Yonekura News Paper Ko-Jya Vol.08 March 2002)