ライラックの花束を

米倉千尋

作詞

米倉千尋

作曲

米倉千尋

編曲

aqua.t

歌詞

ピアノが低く流れてる 西陽が差し込む廊下の向こう
優しく心撫でるような 音色を―あなたを―好きになった

淡くほろ苦い初恋は 遠くで見つめるだけだった

あなたのことが すごくすごく好き…と
どうしても伝えられず
ただ 想いを胸の奥に閉じこめて
気づいて…と願った

卒業式のあの人は 悲しいくらいに眩しかった
私の前を過ぎてゆく 笑って―サヨナラ―出来なかった

淡くほろ苦い初恋は 叶うことない恋だった

あなたのことを ずっとずっと好き…と
どうしても伝えられず
ただ 想いを小さな花束にのせて
「おめでとう」告げた

あなたのことが すごくすごく好き…と
どうしても伝えられず
ただ 想いを胸の奥に閉じこめて
気づいて…と願った

音楽出版

セブンシーズミュージック

ジャンル

J-POP

発表年月日

収録作品

レコーディング参加

  • A.Guitar: 古川昌義
  • Violin: 弦 一徹
  • Violin: クラッシャー木村
  • Viola: 室屋光一郎
  • Cello: 堀沢真己
  • Piano: 高山和芽

歌唱ライブ・イベント

音楽配信

歌詞掲載サイト

関連記事

"初恋"をテーマに、弦とギターのみで切ない感情を表現しました。ライラックの花言葉「愛の芽生え。初恋」に気持ちを託した女の子の叶わぬ想いを、静かに歌いました。

"jam" セルフライナーノーツ(Chihiro Yonekura News Paper Ko-Jya Vol.08 March 2002)