想い出がいっぱい

米倉千尋

作詞

阿木燿子

作曲

鈴木キサブロー

編曲

aqua.t

歌詞

古いアルバムの中に隠れて 想い出がいっぱい
無邪気な笑顔の下の 日付けは遥かなメモリー

時は無限のつながりで 終りを思いもしないね
手に届く宇宙は 限りなく澄んで
君を包んでいた

大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ
幸福は誰かがきっと
運んでくれると信じてるね

少女だったといつの日か 想う時がくるのさ

キラリ木洩れ陽のような
眩しい想い出がいっぱい
一人だけ横向く 記念写真だね 恋を夢見る頃

硝子の階段降りる 硝子の靴シンデレラさ
踊り場で足を止めて 時計の音気にしている

少女だったと懐かしく 振り向く日があるのさ

大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ
幸福は誰かがきっと
運んでくれると信じてるね

少女だったといつの日か 想う時がくるのさ
少女だったと懐かしく
振り向く日があるのさ

音楽出版

フジパシフィックミュージック

ジャンル

J-POP

発表年月日

収録作品

歌唱ライブ・イベント

音楽配信

カラオケ配信

歌詞掲載サイト

関連記事

「無我夢中な中の"歌えるんだ!”って喜びは、忘れかけてたところはありましたね。それだけに「想い出がいっぱい」をカバーしたのは大きかった。デビューするもっと前、ただ楽しくて歌ってた頃の素直な気持ちに立ち戻れて。(後略)」

weekly oricon 2003年2月17日号 p.80(オリコン・エンタテインメント)

補足情報

  • オリコン最高77位
  • 原曲:H2O(アニメ『みゆき』エンディングテーマ)