青空とキミへ

米倉千尋

作詞

米倉千尋

作曲

米倉千尋

編曲

高山和芽

歌詞

SUMMER LIVE 熱い風を感じて
終わらない夏を抱きしめて

眩しい太陽の下 南風に乗って新しい季節が始まる
狭い都会(ジャングル)抜け出し
裸足のまま大地蹴って どこまでも行こう

グレーに色褪せてゆく時間の中で
夢描く そんな気持ち 忘れていた…

―YESTERDAYS― 瞳を閉じれば甦る
青空とキミがくれた宝物(メモリーズ)
SUMMER LIVE 熱い風を感じて
もう一度 夏を抱きしめて

胸のコンパスは 遥か地平線の彼方目指し
さぁ一緒に行こう

陽射しのスコール浴びて 洗い流した
涙もいつかきっと 虹に変えて

TO THE SKY 遠い空を見上げてる
忘れない キミと歌った Melody
SUMMER LIVE 今ここから始まる
終わらない夏を抱きしめて

小さなこの願いを届けたい
青空とキミがくれた未来(あす)へ
SUMMER LIVE 熱い風を感じて
もう一度 夏を抱きしめて

TO THE SKY 遠い空を見上げてる
忘れない キミと歌った Melody
SUMMER LIVE 今ここから始まる
終わらない夏を抱きしめて

この願い 青空とキミへ

音楽出版

セブンシーズミュージック

ジャンル

J-POP

発表年月日

収録作品

レコーディング参加

  • Keyboards & Piano & Programming: 高山和芽
  • Guitar: 五十嵐勝人
  • Guitar: 小板良輔
  • Bass: 斉藤昌人
  • Drums: 岡野大介

歌唱ライブ・イベント

音楽配信

カラオケ配信

歌詞掲載サイト

関連記事

デビュー5周年目に行われた初めてのワンマンライブを機に、活きた音楽を生み出し共有する喜びを知り、それ以来ライブではバンドスタイルを意識して、ステージングを組み立てています。こうしてライブを通して活きた音楽に触れることで、米倉千尋は成長してきました。このステージでの一体感を音源でも伝えることが今の米倉千尋を一番ストレートに伝えられると思い、ライブでサポートしてくれている心強い仲間と、初めて一緒にレコーディングをしました。

「青空とキミへ」セルフライナーノーツ(米倉千尋オフィシャルサイト)

補足情報

  • オリコン最高139位